子供の身長が全然伸びない!もしかして低身長症?

低身長
‡—

同年代の子に比べて身長が低い場合、「低身長症」である可能性があります。今回は低身長症とはどのようなものなのかを紹介したいと思います。

低身長症って?

低身長症とは、子供の背の高さや伸びしろが一定の基準を下回ったときのことを言います。

同性同年齢の子供100人の2,3割が低身長症と言われています。

低身長って何が原因なの?

低身長

低身長症は、体に異常がある(何かしらの病気)が要因となる場合と、遺伝や生活環境、日ごろのストレスが要因となる場合があります。低身長症のほとんどは後者と言われていますが、前者もごく稀にあることです。

病気が要因である場合

様々な病気が考えられますが、最も多いのが成長ホルモンの分泌が不足してしまう病気です。分泌が不足する原因は、脳の外傷や脳腫瘍などがあります。

遺伝、生活環境、ストレスである場合

遺伝に関しては、両親の身長が低い場合、子供も身長が低くなることがあります。

生活環境に関しては、食事・睡眠・運動をバランスよくとることができていない場合、身長が伸びにくくなります。また、ストレスを抱えてしまうと、成長ホルモンの分泌が不安定な状態になるため、背を伸ばすことができません。

低身長症を防ぐためには

futoukouoya

病気が原因である場合は、医者に相談するしかありません。現在はホルモン治療などの低身長を防ぐ治療法もあるので、心配である場合は医者に相談するのが良いと思います。低身長症の多くは、生活環境やストレスである場合が多いです。この要因に関しては親がきっちり子供をサポートする必要があります。栄養のある食事質の良い睡眠をとることができる環境作り休日に子供と運動をする機会を作るなど小さい頃から習慣付けるようにしていきましょう。最近では、子供の身長が伸びるサプリメントもあるので、お菓子代わりに子供に食べてもらうのもサポートの1つだと思います。

>>身長サプリで子供の成長がぐーんと伸びる!!低身長症もコレで解決!!