成長期に身長が伸びない理由とは?生活改善をしよう!

42554942_m

成長期は人生の中で最も身長が伸びる時期です。成長期は男子で12歳~15歳、女子で10歳~12歳と言われています。身長の伸びが良い人は1年間で10センチ伸びる人もいるようです。しかし、この成長期で身長を伸ばせなくて大人になっても身長が小さいままとなってしまう人もいます。そうならないためにも、今回は成長期で身長が伸びない理由と対策について紹介したいと思います。

成長期は成長ホルモンの分泌が盛んになっている

成長期で身長が一気に伸びる理由は、成長ホルモンが多く分泌されているからです。成長ホルモンは体の細胞を活性化させ、体を伸ばしてくれます。身長を伸ばすためによくカルシウムを摂ればよいという人がいますが、「成長ホルモン」が分泌されなければ身長は伸びません。

成長期で身長が伸びないのは成長ホルモンの分泌が悪い

 

成長期は成長ホルモンの分泌が促進されますが、成長ホルモンの分泌が悪くなってしまうと身長も一気に伸びなくなってしまいます。成長ホルモンの分泌は生活習慣によって大きく影響されます。

夜更かし、睡眠不足になっている

睡眠

成長ホルモンは寝ている間に分泌され、特に22時~深夜2時の間は多く分泌されます。また、朝日を浴びることも成長ホルモンの促進に繋がります。夜更かしをし、お昼まで寝ている生活を成長期にしてしまうと、十分な量の成長ホルモンが分泌されず、成長することができません。「寝る子は育つ」とよく言われているのは、これらのことが理由です。

1日3食取っていない、食事に偏りがある

4f4e81f6-d54d-4114-b75f-4a7d45b959ab

栄養というのは成長ホルモンの分泌や体作りに欠かせないものです。タンパク質、カルシウム、ビタミン、アミノ酸などバランスの良い食事をとって、栄養を十分に摂取する必要があります。学生で朝食を抜いて学校へ行く人もよくいると聞きますが、それだけで成長に大きく影響してきます。1日3食はしっかり取るようにしましょう。食事の栄養だけでは不足を感じる場合には、サプリメントで不足分を補うこともできます。

>>身長を伸ばすための栄養素が全部詰まったセノビール!今なら500円モニターも募集!!

 


成長期に身長が伸びない理由を紹介しましたが、これらは規則正しい生活を行っていたら当然できることなのです。特に成長期は人生に1度の成長するチャンスなので、もし不規則な生活を送っている人がいるのであれば、生活を見直してみても良いのではないかと思います。