筋トレで身長が伸びなくなるってホント?筋トレが身長に与える影響

「筋トレをすると身長が伸びなくなる」という話を耳にしたことありませんか?私の周りでも筋肉がある人は身長が小さかったような・・・でも身長が大きくて筋肉がついている人もいたような・・・と実際どうなのかわかりませんでした。今回は筋トレと身長の関係を調べたので紹介したいと思います。

筋トレで身長が伸びなくなるのはホント?ウソ?

筋トレ

答えは、YESでもあり、NOでもあります。小学生や中学生の頃に極度に大きな負担を与える筋トレを継続すると身長に悪影響を及ぼす場合もあります。しかし、基本的に筋肉をつけることによって身長が伸びなくなるということはないです。むしろ、良い効果の方が大きいです。 

筋トレが身長に与える影響とは?

身長

筋トレを行うことで、成長ホルモンの分泌が促進されます。成長ホルモンはカラダを大きくする役割を持っていますので、身長が伸びることにつながります。そのため、小学校、中学校から筋力トレーニングを行っておくと、成長ホルモンがたくさん分泌され、成長につながるということになります。

大きな筋肉を鍛えるほど成長ホルモンはたくさん分泌される!

成長

成長ホルモンの分泌量は筋肉の体積に比例するらしいです。そのため、大胸筋、腹筋、背筋などは成長ホルモンが多く分泌されます。下半身でいうと太ももも大きな筋肉の一つです。バスケットボールやバレーボールは太ももの筋肉をよく使うので、身長の高い選手が多いんですね。

身長を伸ばすため筋トレ後に飲むと効果的なサプリメント

身長を伸ばすためには成長ホルモンが必要で、筋トレは成長ホルモンの分泌を活性化させる働きがあるとお話ししました。筋トレ後にアルギニンというアミノ酸の一種を摂ることによってさらに成長ホルモンの促進が期待できます。その栄養素が含まれているのが、「せのびーる」です。アルギニンだけでなく、カルシウムやビタミンDなど成長に必要な栄養素が含まれているので、筋トレ後にはぴったりのサプリメントです。私の息子にも運動後はせのびーるを食べさせていますが、成長スピードに驚いています。詳しいお話は下のページに書いてあるみたいなのでぜひ見てみてください。

せのびーる