風邪を引きやすい時期に気を付けること!風邪を引かないようにするには!

免疫力をあげる3つの気を付けることを紹介!

私の息子は昔は風邪を引きやすい体質でした。3ヶ月に1回は風邪をこじらせるほどだったので、相当体が弱く心配していました。しかし、生活の中であることを取り入れるだけで免疫力をあげることができ、病気に強いカラダになったみたいです。毎日元気よく過ごしてくれて嬉しいです。実際に私が息子に対して生活の中に取り入れたことがあるので、子供が風邪ひきやすい体質かな?と思っている人は参考にしていただけたらと思います。

就寝の2~3時間前にお風呂に入ること!

お風呂

就寝の2、3時間前にお風呂に入ることによって深い眠りにつくことができます。人間の体温は昼が高く、夜は低い状態が一番バランスが良いのですが、体温が下がらないうちに眠りについてしまうと質の良い眠りをすることができません。就寝の2,3時間前に風呂に入り、体温を良い眠りにつける程度まで落としてから眠るのが良いです。質の良い就寝はカラダの免疫力をあげることに繋がるので、お風呂の入る時間は気を付けたいところです。

ストレッチを毎日継続させる!

ストレッチ

運動の習慣がある人は免疫力が高いと言われています。運動を継続的に行うことで、病原菌を倒してくれる細胞を活性化させることができます。ここで注意したいのが、1回の運動だけでは効果がなく、毎日継続的に行うことが重要です。ストレッチを行うタイミングは、起床後と就寝前に行うのがベストだと思います。

サプリメントで栄養を補助していく

せのびーる

体の免疫力を上げるにはビタミン亜鉛などのミネラルが必要不可欠です。緑黄色野菜やレバー、豆類からビタミンや亜鉛などを摂取することができますが、食事から摂取できる栄養素では少し物足りないです。そこで私は息子にセノビールというサプリメントをお菓子替わりとしてあげることで栄養素を補助していました。ココア味で好き嫌いなく喜んで食べていたので、小さい子供には嬉しいサプリメントです。セノビールにはビタミンや亜鉛、病気から守ってくれる米ぬか多糖体という栄養素も含まれているらしいです。特殊な栄養素みたいで説明するのは難しいので、気になる方は公式サイトを見てみれば簡単に理解できると思います!

>>免疫力をあげるセノビールの詳細はコチラから!!米ぬか多糖体の秘密とは!!