背を伸ばすには良く寝ること!質の良い睡眠を取る方法!

身長を伸ばすためにはカルシウムやビタミンDを摂らないといけないとよく耳にしますが、一番重要なのは成長ホルモンです。カルシウムやビタミンDは骨を硬く強くするだけで背を伸ばすことには繋がりません。成長ホルモンが多く分泌されることによって骨が伸び体も大きくなります。成長ホルモンの分泌を促進させる方法として最も簡単なのが「質のよい睡眠を取ること」です。しかし、質の良い睡眠ってどうやって取るの?って思う方がいると思うので今回は質の良い睡眠の取り方を紹介したいと思います。

就寝前のパソコンやスマートフォンの使用を控える

スマホ

パソコンやスマートフォンから出る「ブルーライト」は脳を活性化させてしまいます。脳が活性化しているとなかなか眠りにつけず、ぐっすり眠ることもできません。就寝前は布団に入りながらスマートフォンを触りがちですが、出来るだけ使用を抑えましょう。

就寝前2時間から3時間前までに食事を摂るようにする

夜食

胃に入った食べ物は、約2時間から3時間で消化されます。消化の活動が行われている状況で眠りについても深い眠りにつけないです。また食べた後すぐに寝てしまうと、消化不良で下痢や便秘などの原因にもなってしまうので気を付けるようにしましょう。

就寝前の30分~1時間前には入浴を済ませよう

入浴

寝る時間が近づくと体の体温は下がり始めます。昼間は体温が高く、夜は体温が低くなるという体温のリズムがあるので、それを崩してしまうと体に負担をかけてしまいます。入浴をするとどうしても体温が上がってしまうので、体温のリズムに合わせるためには寝るときに体温を低くしておく必要があります。そのため、就寝と入浴の時間はあけておくようにしましょう。

 背をのばすために必要な成長ホルモンを大切に!

背を伸ばすための質の良い睡眠の取り方を紹介しました。成長するためには成長ホルモンが必要です。成長ホルモンはアルギニンという栄養素を摂取することで分泌を安定させることもできます。質の良い睡眠とアルギニンを摂取することで成長ホルモンの分泌を促進させ、身長をどんどん伸ばしていきましょう!

>>アルギニンが含まれている子供にオススメのお菓子せのびーるはコチラ