子供の運動神経は親次第!子供のためにできること!

運動神経の良さは12歳までに決まる!?

子供はやっぱり運動神経が良くなってほしい。

と思う親はたくさんいるのではないですか?子供の運動神経の良さは12歳までに決まってしまいます。それを知らない親が何もしないまま、12歳を迎えてしまって運動の苦手な子供に育ててしまうこともあります。

子供運動

親が運動神経発達のメカニズムを把握し、子供が元気よく運動できる環境をつくってあげることが大切です。

運動神経を伸ばすためには?

12歳までが運動神経発達のタイムリミットになるわけですが、

それまでに何をすればよいのでしょうか。

ごく簡単なことです。

それは、

本人が楽しいと思える色んな遊びでカラダを動かす体験をさせてあげること

です。

 アスレチック

小さいお子様だったら、

砂場で遊ぶ、ブランコ、なわとび、木登りなど

少し大きくなってきたら、

プールやサイクリング、アスレチックなどを体験させてあげましょう。

 

1つのスポーツをひたすら集中的にやらせるのではなく、いろいろな種類のスポーツに関わらせてあげましょう。一つのスポーツに絞るのは12歳からでも遅くはないです!

子供 遊び

12歳までの時期は神経系の発達が上達しやすいため、一度見た動きを見てすぐに習得できる年頃です。この時期にしっかり子供を様々な運動をさせることで運動神経の良い子供さんに育ててあげましょう。

運動神経を発達させるためにサポートできることは?

運動をするためには、まず骨を丈夫にしていかなければなりません。

栄養のある食事質の良い睡眠をしっかり取ったり、足りない栄養素をサプリメントで補うことで骨がさらに丈夫になります。

身長 伸びる

カルシウムと吸収を助けるビタミンD、成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸がバランスよく配合されたセノビールは、子供のカラダをしっかりとサポートしてくれます。

下のボタンを押すと、詳しい情報が載っているのでぜひ見てみてください。

せのびーる 購入